MA によるメディカルマテリアルの作成

メディカルマテリアルの作成を担うことになったら?

メディカルアフェアーズ(MA)部門が「医学・科学的情報の発信・提供」を行う過程で、メディカルマテリアルの作成に携わる機会も多くあります。従来、MA部門は営業部門が作成した資材の医学・科学的レビューを担当していました。近年では、営業活動と明確に切り分けたメディカルマテリアルを作成するため、企画から提供まですべてをMA部門が担うことも増えています。メディカルマテリアルを一から作成する場合、どのような点に留意すべきでしょうか。 

メディカルマテリアルは2つに大別される

MAが行う情報提供の目的は、以下の2種類に大別されます1日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 メディカルアフェアーズ部会、メディカルアフェアーズ部門が行う『医学・科学的情報提供』に関する手引き、日本製薬工業協会ホームページ、2022年、https://www.jpma.or.jp/information/evaluation/results/allotment/jtrngf00000008wb-att/KT5_MA_202212.pdf、2024年3月5日

  1. 社外医科学専門家からの、アンメットメディカルニーズやインサイトの取得など
  2. 社外医科学専門家等の、自社医薬品に偏らない疾患領域全般に関する理解促進

メディカルマテリアルは、情報提供のために MA部門が作成・使用するスライドや印刷物、医療従事者向けウェブサイトなどの電子媒体、動画等の視聴覚媒体などを指しますが、上記の目的に応じてその内容や注意点に違いがあります(表1)。

表1. メディカルマテリアルの種類と使用・作成時の注意点(2日本製薬工業協会 医薬品評価委員会 メディカルアフェアーズ部会、メディカルアフェアーズ部門が行う『医学・科学的情報提供』に関する手引き、日本製薬工業協会ホームページ、2022年、https://www.jpma.or.jp/information/evaluation/results/allotment/jtrngf00000008wb-att/KT5_MA_202212.pdf、2024年3月5日 3メディカルアフェアーズ(MA)①:MA部門について、製薬医学入門―くすりの価値最大化をめざして─、内田 一郎、芹生 卓、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2022年、142-160 4一般財団法人 日本製薬医学会、メディカルアドバイザリーボードミーティングの実施に関する提言、一般財団法人 日本製薬医学会ホームページ、2023年、https://japhmed.jp/files/Proposal_for_MABM_20230519.pdf、2024年3月5日 5厚生労働省、医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン、厚生労働省ホームページ、2018年、https://www.mhlw.go.jp/content/000359881.pdf、2024年3月5日 6日本製薬工業協会 医療用医薬品製品情報概要審査会、医療用医薬品製品情報概要等に関する作成要領、日本製薬工業協会ホームページ、2023年、https://www.jpma.or.jp/basis/drug_info/lofurc0000001vb4-att/231001_1.pdf、2024年3月5日を参考に作表)

以下では、とくに「疾患領域全般に関する理解促進」を目的としたメディカルマテリアルに焦点をあて、作成のポイントを確認します。

あわせて読みたい
パブリッシングまでのプロセス